溝口式分析学とスピリチュアル

こんにちは、リコです。

今日は、自分の素性や能力適性などに興味がありつつも、分析を受けてみることを躊躇されている方に向けて書いてみたいと思います。

興味はあるけどちょっと抵抗が・・・

みなさんは、スピリチュアルと聞くと、どういうイメージを持っていますか?

私は、結構好き(笑)

といっても、「もうすぐ死にます。」とか予言されたら怖いので、モチベーションがアップするような前向きな(自分にとって都合のいい)アドバイスだけ信じるようにしています。

そんなわけで、最初に溝口式分析学を知ったときも、占いの一種だと思っていました(汗)

やはり、生年月日から調べる、というところが、占いとかと同じなので、スピリチュアル自体に抵抗感がある人は、分析学にも同様の抵抗感を持つと思うのです。

だけど、それはちょっともったいないなあ、と思います。

溝口式分析学はスピリチュアルではありません。

溝口式分析学は、溝口先生がアメリカで習得された分析学をベースに、日本人向けにアレンジしたものです。

(正確な説明は、溝口メンタルセラピストオフィスの公式サイトをご覧ください。)

この分析学というのは、過去の膨大な人間の行動パターンをもとに作られた行動心理学のデータと、生誕時間・生誕場所のプロファイリングデータを融合したもの、だそうです。アメリカでは、分析学は普通に活用されており、FBIでも使われているそうです(プロファイリングって言葉、よく聞きますよね。まさに、それです。)。

溝口先生によると、日本や中国などでは、儒教が普及していて、本来の性格がどうであれ、ある程度人格コントロールができていたらしいのですが、アングロサクソン系の人々は、感情の起伏が激しく、みんなが本能のままに生活していると大変なことになってしまうので、人々の行動を分析して対処法などを研究する分析学が発展したのだとか。

このように、溝口式分析学は、実際の人間の行動分析がもとになっているので、人の魂がどうとか、精神がどうとか、そういうスピリチュアル的なものとは違うのです。

なので、溝口メンタルセラピストスクールの卒業生は、その資格をスピリチュアル的な仕事と併用してはいけない決まりになっています。

実際、占星術とかで、生年月日からどのように結果を導き出しているのか等は、溝口先生は、ご存知ないそうです。

興味があるなら是非お試しを!

そんなわけで、溝口式分析学は、スピリチュアルではありません。

もっとも、個人的には、それを知ることで、今より生活を良くするために活用できる、という意味において、溝口式分析学もスピリチュアルも同じだと思っています。

なので、スピリチュアルが好きな方は、同じように人生をより良くするためのツールのひとつとして、

スピリチュアルに抵抗がある方は、スピリチュアルとは全く異なる、自分をより深く知るためのツールとして、

溝口式分析学を、ご自身の生活に取り入れていただけたらな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA