心に正直に生きることの難しさ

こんにちは、リコです。

みなさんは、自分の心に正直に生きることができていますか?

離婚したいの?したくないの?

日々離婚相談を受けていると、この人本当はどっちなのかな?と思う場面に結構な頻度で遭遇します。

例えば、

自分から離婚をしたいと言いながら、やたらと相手が自分のどこを好きなのかを確認しようとする人

私

もう離婚するなら、相手が自分のどこを好きとか関係なくない?

自分から離婚をしたいと言いながら、どうやったら復縁できると思うか相手に聞こうとする人

私

自分から離婚するって言ってるんだから、それ相手に聞く意味ある?

子どもが悲しむから離婚したくないという人

私

あなたの気持ちはどうなの?

親を悲しませるから離婚したくないという人

私

あなたの気持ちはどうなの?

世間体が悪いから離婚したくないという人

私

だからあなたの気持ちは???

もちろん、ご事情はわかるんですよ。

色々不満が溜まって、

相談者
相談者

離婚する!

って思いながらも、これまで楽しかった日々もあるわけだし、情もあるし、心のどこかで相手への期待が捨てきれない状態。

反対に、内心は相手への気持ちなんか残ってなくて、一刻も早く離婚したいと思っているけれど、子どもの将来を考えたり、悲しむであろう親の顔を想像したりしたら、

相談者
相談者

本当にこのまま離婚していいの?

となって、頭を抱えてしまう状態。

後悔したくないなら自分の心に従うのが一番

だけど、こういう状態で、自分の心と逆の選択をしても、必ず後悔すると思うんですよ。

しかも、その後悔を、相手とか親とか子どもとか、自分にその選択をさせた要因のせいにしようとしてしまうんですよね。

責任転嫁です。

・・・これって、結婚する際にも、全く同じことが言えますよね。

本心では結婚したいと思っているのに、親に反対されて諦める人

本心では結婚したいと思っているのに、相手が無職だから諦める人

本心では結婚したくないのに、親を喜ばせたいから結婚する人

本心では結婚したくないのに、周囲に自分以外に独身がいないから結婚する人

・・・私自身、結婚を夢見ているとか言いながら、

私

本当に結婚したいのかな?

と思うこともしょっちゅうで(いつも離婚する人と接してますから・・・)、でも

私

これ以上親を悲しませるのもなあ。。。

とか思ったり、友達がみんな結婚しちゃってて、

私

一人だけ未婚だと集まりに参加しづらいなあ。。。

とか思ったり、常々迷走しているわけなのですが。

だけど、多くの離婚相談を受けていると、やっぱりどうしても、自分の心に従わずに結婚した場合には、

私

そう遠くない未来にここ(=離婚相談)に来るんだろうな。。。

と感じてしまうのです。

おそらく、そう長くは自分の心に嘘をついていられないからだろうと思います。

そして、いざ離婚したい!と思った時に、意外と簡単に離婚できないことも知っているので、

私

やっぱり心からしたいと思える場合じゃないと、結婚しない方がいいよなあ。。。

と思ってしまうのです。

現在結婚するかどうかを迷っているみなさま、色々な外部要因を取っ払って、どうか自分の心に従った選択をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA