パワーカップルの離婚にありがちな風景

こんにちは、リコです。

パワーカップルって、資産形成にはとっても有利ですよね。

だけど、パワーカップルだって、離婚することはあり得ますし、その場合には、形成した資産も半分になってしまいます。

でも、このことをなかなか受け入れられない人々が結構いらっしゃるのです。

パワーカップルって?

パワーカップルというのは、夫も妻も高収入である夫婦のことですよね。

こちらの記事によると、よく言われる指標として次の3つが挙げられるそうです。

指標1:世帯年収が1000万円以上、かつ正社員

指標2:夫婦ともに年収700万円以上

指標3:夫の年収が600万円以上、かつ妻が400万円以上

転職Hacks「定義・年収・職業は?パワーカップルの実態【家計の収支表】から引用

パワーカップルの家計の構図

パワーカップルの家計はどうなっているのでしょうか。

収入が多い分、消費も激しそうなイメージがありますよね。

私の個人的な印象ではありますが、

  • 妻の方が収入が高い(産休・育休中は除く)
  • 妻の方が立場が上
  • 妻の性格が強気

というご家庭の場合、結婚生活において、妻からのこのような指示が出されることが多いようです。

妻

住宅ローンとか生活費とか、子どもの学費とか、基本的に生活費は全部あなたの方で出してね。

私はしっかり蓄財しておくから。

つまり、生活にかかる費用はすべて夫が負担する形になるわけですね。

私

家計管理の方法によって夫婦の行く末は変わってくるようです。ご興味のある方は、こちらの記事もお読みください。

パワーカップルの離婚劇

当然ながら、パワーカップルだって、離婚することはあり得ます。

その場合、多くのご夫婦が、同じような展開になるんですよね。

離婚スイッチを押すのは妻

家計の構図が上記のとおりである場合、夫はその稼ぎで必死に家族を支えているわけですが、妻の稼ぎはブラックボックスになりがちです。

だけど、それが不満だからといって、夫の方から離婚を申し入れるというケースはあまり見かけません。

多くの場合、離婚話を持ちかけるのは妻の方です。

強気な妻は、夫の気に入らないところを受け入れられず、離婚を決意するようです。

自分もガッツリ稼いでいるので、経済的な意味でも離婚に踏み切ることへの躊躇はあまりないのかもしれません。

夫の反撃

しかしながら、離婚への道を歩き出した妻には、大きな葛藤が待ち構えています。

そう、財産分与です。

当たり前ですが、

妻

私が貯めるから、生活費は全部あなたが出してね。

というスタイルでこれまで生活してきたわけですから、夫に貯金はほとんどなく、妻はガッツリ貯めている、という状態です。

そうすると、当然、妻の方が夫に財産分与をしないといけないという構図になるわけです。

これまでおとなしく妻の意向に従ってきた夫も、妻から不本意な離婚を突きつけられれば、当然反撃を開始します。

つまり、財産分与を請求するのです。

妻の反応

ここでおとなしくお金を払う妻は、ほとんど見かけません。

せっかく自分が貯め込んだお金を、離婚したい相手になんか渡したくないんですよ。

だから、

妻A
妻A

お金の在りかが夫にバレなければいいんですよね!

妻B
妻B

夫だって他にも財産隠してるはず!

妻C
妻C

なんで私が一生懸命貯めたお金を、あんな最低男に渡さないといけないんですか?

子どものために貯めたお金を横取りしようとするなんて、下品にも程があります!

みたいな反応が返ってくるんですよね。

だけど、一つずつ言わせてもらえば、

私A
私A

バレなきゃいいとかそういう話じゃないから。

裁判になって調査嘱託されたら見つかるし、仮に見つからなかったとしても、養育費とか算定するために年収資料は絶対提出しなきゃいけないし、そうしたらそのお金の使い道は絶対問い質されるし、合理的な説明ができなかったら、隠し財産がある前提で財産分与を命じられる恐れもありますよ。

それ以前に自分から離婚したいって言っておいて、財産開示に応じないって、めちゃくちゃ裁判所の印象悪いですよ。

ちなみに、調査嘱託というのは、裁判所が当事者の申立てに基づいて、金融機関等に対して財産開示をさせる手続です。
私B
私B

いやいや、あなた今までの生活費全部夫に負担させてたんでしょ。夫の給料で、これ以上どうやってどこに財産隠すのよ・・・

私C
私C

あなたやお子さんが今まで生活してこられたのは、その最低男が稼いだお金があったからじゃないんですか?

それなのに、横取りとか下品とか、さすがに言い過ぎじゃないですか?

っていう話なんですよ。

一言で言うと、妻、都合良すぎ

結末は人それぞれ

協議段階で、うまく財産隠して離婚した人もいましたよ。

私

それ、人としてどうなの?

って思いましたが、相談されただけで代理人になったわけではないので、黙ってました。

いざ別居したはいいけど、いつまで経っても離婚請求しない人もいますね。

私は夫の代理人なので、密かに

私

貯蓄暴いてガッツリ取り返してやる!!

とか思ってたりしますが、依頼者の夫はとても良い人なので、そこまでは思っていないかもしれません。

自分から裁判を起こしておいて、いざ夫から財産分与を請求されたら、怒り狂っている人もいます。

私は妻の代理人ですが、内心、

私

おとなしく払えよ。

とか思ってたりします。

こういう場合に、いかに支払金額を少なくできるかが、腕の見せ所だったりもするんですが、それでうまく行った時でも、内心、

私

夫よ、ごめん・・・

とか思ってたりします。

パワーカップルの妻に言いたい

共通して言えるのは、

私

夫が稼いだお金で暮らしていたことへの感謝、忘れすぎじゃない?

ってことなんですよ。

やっぱり、自分も稼いでいる分、ありがたみを感じにくくなるのでしょうか。

中には、自分は一切稼いでいなくても、同じマインドの方もいらっしゃるので、それよりはましなのかもしれませんが・・・

いずれにしても、財産分与は、離婚する人の義務であり権利ですから、

私

グダグダ言ってないで、さっさと払いましょうよ!

あなたなら、どうせすぐにまた稼げるんですから!

・・・直接本人に言えないので、こんなところでストレス発散する私でした😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA