浪費と離婚

こんにちは、リコです。

日々離婚事件を扱っていると、妻の浪費が指摘されることがよくあります。

浪費にまつわる主張

夫

妻が浪費するので、離婚したいです!

夫

妻が浪費するので、婚姻費用は支払いたくないです!

夫

妻には散々浪費されたので、財産分与はしたくありません!

・・・残念ですが、基本的には、どの主張も通りづらいです。

浪費が激しいというだけでは離婚原因にはなりませんし、婚姻費用は基本的に双方の収入状況によって決まるので、浪費は関係ありません。

財産分与は、別居時点の残高を半分にするというルールですから、それまでに浪費した分は、そもそも議論の対象外です。

浪費は本当に浪費か

本当に妻が浪費家で、ブランド品が趣味で数百万円も使っていたり、美容整形に何十万円もかけていたり、ゲームに何十万円も課金していたり、そんなケースであれば、話は簡単なのですが、中にはそうでないケースもあります。

妻にしてみれば、

妻

いや、普通に生活していただけで、特に浪費なんてしていないけど。。。

みたいな。

特に家計管理を妻に任せて、自分は一切関わってこなかった人ほど、実際に家族の食費がいくらかかるのか、水道光熱費がいくらくらいなのか、学費以外に子どもにかかる費用はどんなものがあるのか等、びっくりするほど把握していません。

また、なぜか妻の浪費を指摘する人に限って、自分のことは棚に上げているので、妻が夫に渡したお金も含めて、なぜか妻が全額浪費したみたいな主張を繰り広げたりします。

なので、人に家計管理を丸投げしておいて、

夫

自分だったらもっと貯金できてたはずなのに!

という程度の主張なんですよ。

ですが、こういう夫に限って、本来ならもっとお金が貯まっていたはずなのに、という思い込みが非常に強いので、

夫

妻が全部浪費したんだ!ないって言うなら、何に使ったのか、証明してみせろ!

とか主張し続けたりします。

妻側としても、何年も前のレシートとかいちいち取っておいたりしていませんから、家計簿をつけていないような場合はお手上げです。

そもそもこうした主張を相手にする必要はないとして、無視してもいいのですが、それだと夫はいつまでも固執し続けるので、議論が全く前に進まなくなってしまうこともあります。

浪費という主張に対する防衛策

やはり、何も証拠が残っていないと大変です。

夫は、

夫

お金はもっとあったはずだ!ないならない証拠を出せ!

としつこく言ってきたりするので、自己防衛のためにも、家計簿はつけていた方が安心です。

最近は、マネーフォワードなど、簡単に家計簿がつけられるアプリなども充実していますので、家計管理を任されている方は、家計簿をつけておくことをオススメします。

もっとも、前述したとおり、浪費に関する主張は、離婚紛争の中では意味をなさないことが多いので、こういう主張をしつこく続ける夫は、結果的に自分で紛争を長引かせて多額の婚姻費用を支払う羽目になるんですよね。

私

妻の浪費という妄想に固執するあまり、金銭的に損をしているという事実に早く気づいてほしいものです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA