押してダメなら引いてみよう

こんにちは、リコです。

数は少ないのですが、弁護士を入れた離婚騒動に発展したものの、なんかいい感じに離婚していない(復縁とまでいえるかは微妙ですが。)夫婦が結構います。

なので、離婚を突き付けられた時にどういう対応をすれば離婚しなくて済むのかを私なりに考察してみました。

前提

まず、妻から夫に離婚を突き付けた場合を前提に考察します。

というのも、残念ながら、夫から妻に離婚を突き付けたもののいい感じに離婚していないケースというものにはお目にかかっていないからです。

ここでいう「いい感じ」というのは、同居に戻って復縁したとか、そこまではいっていないにしても、別居後も定期的に一緒に食事をしたりとか交流がある感じで、離婚に向けた積極的な行動をストップしている場合を指しています。

夫から妻に離婚を突き付けたものの離婚していないケースは、夫が浮気したとか別居期間が短いとかで離婚したくてもできない場合とか、離婚はしたいけど財産分与の額が大きすぎて夫が日和っている場合とか、険悪な別居状態が継続している場合がほとんどなので、「いい感じ」には該当しません。

「いい感じ」に落ち着いたケース

妻が夫に離婚を突き付けている場合の話をしているため、「いい感じ」に落ち着くというのは、妻が

妻

やっぱり離婚しなくてもいいかな?

と心変わりしたということです。

じゃあなぜ心変わりしたのかというと、離婚したい理由が別居によって解消されたから、というのが一番大きいのではないかと思います。

例えば、同居中はしょっちゅう喧嘩が絶えなかったけど、別居してみたら、会う機会が減る分喧嘩も減りますよね。

同居によるストレスで精神的に余裕をなくしていた妻が、同居から解放されることで精神的な余裕と冷静さを取り戻したのかな、と思うケースもあります。

夫の対応

「いい感じ」に落ち着いたケースの夫の対応を見てみると、たいていの場合、あんまり抵抗していないんですよね。

夫

そりゃ離婚はしたくないけど、でも妻がそういうなら仕方ないのかな・・・

くらいの感じ。

夫

離婚したって大事な妻と子だし、婚姻費用や養育費はしっかり払うよ。

というスタンス。

子どもに会うときは、めっちゃ良いお父さん。

相手がこんな感じの対応で、離婚に向けた手続が淡々と進んでいると、妻としては、

妻

あれ?私このまま離婚していいのかしら?

となるようです。

そりゃそうですよね。

離婚したくないけど妻の離婚したいという気持ちを尊重する姿勢。

それでも妻と子を経済的に支えようとする姿勢。

子どもには惜しみない愛情を注ぐ姿勢。

まさに愛ですよね。夫として満点な感じ。

たいていの夫はこれができないんです。

妻に離婚を突き付けられたら、

できない夫
できない夫

何がなんでも応じてなんかやるもんか!

と意地になり(妻の気持ちを尊重する姿勢が見られない)、

できない夫
できない夫

離婚したいと言っているくせになんで俺が金を払わなきゃいけないんだ!

ということで、法で強制されるまでは自主的に婚姻費用を払おうとはしません(妻と子の生活がどうなっても構わないという姿勢)。

こんな対応をされれば、妻の離婚したい気持ちはますます強くなるばかりですし、金も払わないのに子どもに会わせられるか、という気持ちも強くなってくるので、子どもに会う機会も制限されがちになってしまいます。

押してダメなら引いてみよう

押してダメなら引いてみる。

恋愛が上手くいく方法として有名ですよね。

離婚の場面だとちょっとベクトルが逆な気もするのですが、それでもやっぱりこれは大事かな、と。

つまり、妻に離婚を突き付けられた時に、徹底的に抵抗するのをやめてみよう、ということです。

仮にこの対応で離婚になってしまったとしても、妻の夫に対する印象は別居時よりも確実にアップしているはずなので、離婚後も子どもとの面会交流の機会を持ちやすくなるはずですし、夫婦ではなくても父母としての協力体制を築きやすくなるはずです。

いくら離婚をしたくないからと、徹底抗戦をすると、それって結局、先ほど述べた上手くいかない対応になり、ますます妻に嫌われるだけなんですよ。

でもこれ、いうのは簡単だけど、実際やるには相当な人間力が必要ですよね。。。

だからこそ、実際にやってみせた夫には、妻も

妻

こんな良い男と離婚していいのかしら?

という気になるんでしょうね。

もしかしたら、夫が離婚を突き付けた場合でも、妻が夫の意思を尊重してスマートに離婚に応じ、別れ際に夫が「良い女だった・・・」となって復縁しているケースもあるかもしれませんね。

私

いずれにしろ弁護士は不要でしょうから、私がお目にかかることはないと思いますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA