人生をよくする魔法ー分析学を学んでみました。

こんにちは、リコです。

日々離婚相談を受けていると、本当に色々なタイプの方々と出会います。

時には、こちらの常識が全く通じなかったり、怒るポイントが全く理解できなかったりして、上手にコミュニケーションを取れないこともあります。

そんなとき、

私

相手の性格とかがわかったら、もっと上手にその人のニーズを汲み取って、もっと良い形で仕事ができて、さらに自分としても仕事のストレスが減るんじゃないかな?

と、漠然と考えていた時に出会ったのが、溝口式分析学です。

溝口式分析学とは

溝口式分析学とは、溝口耕児先生がアメリカで習得した分析学(過去の膨大な人間の行動パターンを元につくられた行動心理学のデータと、生誕時間・生誕場所のプロファイリングデータを融合したもの)を日本人向けにアレンジしたものです。

私

正確な定義は、溝口メンタルセラピストオフィスの公式サイトをご覧ください。

様々な切り口からの分析が存在するため、なんと分析パターンは3兆9億通り

私

・・・すごくないですか?

これでどんなことがわかるのかというと、その人のバイオリズム性格職業適性潜在能力など。更には人と人との相性も分かります。

私

・・・すごいですよね?

資格取りました。

・・・というわけで、これだけのことが分かると、自分自身についてより深く知ることができ、自分の進むべき道が見えてきたり、自信を持って重要な決断を下したりすることができるようになります。

なので、個人から大企業まで、多くの人々が自分自身について知るために、溝口先生をはじめ溝口式分析学に基づくアドバイスを受けに訪れるわけですが、私の場合、どちらかというと、知りたいのは自分よりも他人のことでした。

自分に関しては、いろいろ紆余曲折を経て、なんとなく居心地の良い生活を手に入れていたので、自分のことよりもお客様のことを自分で分析できたらいいなと思ったのですよね。

そんなわけで、溝口メンタルセラピストスクールの門を叩き、

  • ヒューマニティープロファイラー
  • ポテンシャルアナライザー
  • バイオリズムコーディネーター
  • 心理カウンセラー

という資格を取得してみました!

現時点では、まだまだ仕事での活用にまでは至っていないのですが、自分の学びを深めるという意味でも、今後は結婚・離婚に関する話題と合わせて、溝口式分析学についても書いていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA