【溝口式分析学】性格タイプ別攻略法ーCタイプ

こんにちは、リコです。

こちらの記事では、好きになった男性がCタイプの温情主義者だった場合に、関係が円滑にいく方法について書いてみたいと思います。

もちろん、性格タイプは様々な分析要素のひとつに過ぎませんので、これだけでその人の性格が決まるわけではないのですが、何かしら参考になれば嬉しいです。

基本的な性格

Cタイプがどういう性格かについては、溝口メンタルセラピストオフィスの公式サイトをご確認いただければと思いますが、基本的には、とにかく情に厚い人です。

常に相手軸で、人のためになることが自分の喜びで、人のためになるのであれば自分の労や犠牲も惜しみません。

ただし、「人のため」の「人」というのは、情の絆で結ばれた人、自分が受け入れた人、自分が信じた人のことを指すので、これらの人のためには全力で尽くしますが、そうでない人には別人かのようにクールな対応をします。

好き嫌いが激しく、好きな人のためにはどこまでも尽くし、その代わりどこまでも共感を求めますが、嫌いな人には驚くほど冷たい対応になります。

思い込みが激しく、一度相手を信じると、誰に何を言われても自分の心情を優先させるので、人から利用されたり騙されたりすることが多いです。

自分が信じた人に裏切られると、自己嫌悪に陥って人間不信になり、ヒステリーを起こして激情的な言動を見せることがあります。

Cタイプの男性にやってはいけないこと

Cタイプの男性は好き嫌いが激しいので、まず、嫌われてしまったら、話になりません。なので、少なくとも嫌われる要因となりそうな言動は控えた方が良さそうです。

具体的には、

  • 相手の話を遮る、最後まで聞かない
  • 相手の気持ちや考えと全然違うことを言う
  • 自分は自分、人は人、的なことを言う
  • 自分のことをちゃんとやるように言う

といったところでしょうか。

Cタイプの男性は、とにかくなんでも話してなんでも共有して、自分と同じように感じてもらいたいと思っています。なので、彼が共感してくれないと感じるような言動は控えましょう。

また、Cタイプの男性は、常に他人のことでいっぱいで、自分のことは後回しになる傾向がありますが、そこを指摘するのも突き放されているように感じてしまう恐れがあるので、避けた方が良いかと思います。

これは、相手との関係がうまく行ってからの話になりますが、(しかもタイプがどうのこうの以前の問題ですが)浮気はやめましょう

Cタイプの男性は、愛情が強い反面、どのタイプよりも嫉妬心が強いです。その分、裏切られた時の怒りもとても強いので、暴力事件に発展したり、ストーカーになったりする恐れがあります。

Cタイプの男性にやってみてほしいこと

とにかく頼って頼って頼りまくりましょう

Cタイプの男性は、人のためになることが大好きなので、頼られれば頼られるほど嬉しくなって頑張ってくれます。

Bタイプほどではありませんが、もちろん感謝されたら嬉しいので、助けてもらったら、きちんと感謝は伝えましょう

そして、彼の愚痴にはとことん付き合ってあげましょう

Cタイプの男性は、とにかく人に共感してほしいので、内心そこまで思っていなくても愚痴ったりすることがよくあります。これは心底そう感じているというよりも、単純に構ってもらって「そうだよね」って言ってもらいたいだけなので、

Cタイプの男性
Cタイプの男性

今すごーく落ち込んでるんだよね・・・会社でこんなことがあってさ〜(以下略)

とか言われても、

Cタイプ男性が好きな女性
Cタイプ男性が好きな女性

こんな愚痴っぽい人イヤ!

とか思わず、共感を示してあげましょう。

まとめ

Cタイプの男性と仲良くなりたければ、とにかく共感を示しまくって、上手に彼を頼って、彼の懐に入り込みましょう

Cタイプの人は、一度情の絆で結ばれるととことん情けをかけ続け、裏切られた時の激情も凄まじいものがあるので、ライトなお付き合いを望む方にはちょっと向かないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA