このまま離婚していいの?

こんにちは、リコです。

私の仕事は、その大半が離婚の成立に向けてお手伝いをすることなのですが、たまに復縁に向けてお手伝いをしたり、離婚に向けて動く途中でお客様が復縁したりということがあります。

離婚騒動は自分を見つめる素晴らしい機会

離婚相談を受ける中で、

私

この人本当に離婚したいのかな?

まだ全然夫のこと好きじゃない?

と思うことって結構あります。

(不思議と「妻と離婚したい」という夫がまだ妻が好きなように見えるケースは見かけません。)

そういったケースでは、離婚に向けて手続を進めながらも、

このままだと離婚になっちゃうけど、本当にそれでいいの?

ということを折に触れて確認するようにしています。

そうすると、例えば、

依頼者
依頼者

親に別れた方がいいって言われたからそう思ったけど、思えばこれまでも彼氏ができるたびに親に別れろって言われてたな。

親の意向じゃなくて私自身の気持ちは?

依頼者
依頼者

占い師に別れろって言われたからそう思ったけど、占い師と夫のどっちを信じるべき?

依頼者
依頼者

夫が私に関心を持ってくれないことが我慢できなかったけど、離婚するって言ったら、初めて夫が素直に私への関心を示してくれた。

それでもこのまま離婚しちゃう?

依頼者
依頼者

一緒に生活しているときはひどい夫だと思っていたけど、別居して定期的に会うようになったらなんかうまく行ってる。

このまま離婚しちゃっていいのかな?

といった具合に、自分の本当気持ちがどうなっているのかを見つめ直すようになるのです。

個人的にはこの作業はとても重要だと思っています。

せっかく縁があって結婚して、しかも本心では離婚したくないのに、外部要因や一時的な衝動で離婚してしまっては、もったいないですからね。

相手を試すのはほどほどに

こうした内省の機会を経て、離婚を踏みとどまれた場合はめでたしめでたしとなるのですが、場合によっては、自分の本当の気持ちに気づいても時すでに遅しということがあります。

妻から離婚を突きつけられた夫は、たいていすぐには離婚を受け入れることができません。

なので、夫の方も色々反省したり妻へ謝罪の意思を見せようとしたりします。

この間に妻も自分の気持ちに気づければいいのですが、あまりに紛争が長期化すると、夫の気持ちはやがて冷めていきます。

特に夫の方が年収が高い場合には、離婚手続を進める場合、婚姻費用というものを請求します。

これは、離婚が成立するまで支払い続けないといけないものです。

そうすると、夫側は、突然妻から離婚を突きつけられた上に、離婚するまで金を払え!ということで、勝手に出て行った妻に婚姻費用を支払い続けるか、離婚するかの二択を迫られることになるのです。

私

便宜的に子どもがいない夫婦の場合を想定して記載しています。

もちろん離婚したくないからと婚姻費用を支払い続ける夫もいますが、いつまでも嫌われた相手に金を払うなんてバカらしいと思う夫もいます。

妻が本心では離婚したくなかったということに気づいても、その時点で夫が逆に離婚を決めてしまえば、結局は離婚という結論に至ってしまうのです。

これって、結婚前のカップルでも割とありがちな話ですよね?

彼氏の気持ちを試すために「別れる」と言ったら本当に別れることになってしまった、なんて話はよく聞きます。

未婚の私からすると、

私

結婚したらもっと大人になるのかな?

と思っていたのですが、案外そうでもないようです。

実際に夫から離婚を突きつけられてご相談にいらっしゃる方の中にも、自分がすぐに「離婚する」と言っていたことが原因だという人もいます。

いずれにしても、自分の本心に反した言動は、不本意な方向に事態を持っていきがちです。

常日頃から、自分の本心と向き合って、きちんと把握しておくことで、望まない破局や望まない離婚を回避することができますので、ぜひ自分の気持ちと向き合う時間を作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA